2006年09月04日

玉吉に見えて仕方がない - 「もぎたてチンクルのばら色ルッピーランド」

もぎたてチンクルのばら色ルッピーランドもぎたてチンクルのばら色ルッピーランド
販売元 : Amazon.co.jp ゲーム
価格 :
[タイトル] もぎたてチンクルのばら色ルッピーランド
[ブランド] 任天堂
[発売日] 2006-09-02
[プラットホーム] Nintendo DS

>>Seesaa ショッピングで買う


タイトルは本文にあまり関係ありません。
見た目が桜玉吉氏にそっくり。ああ言う表情やりそうだもん、あの方なら。
なんかテイストが似ている。
色を緑色から黄色にしたい。
もしくはチンクルのほうを墨絵風にしても面白いかも。

閑話休題。
9月の超期待タイトル「もぎたてチンクルのばら色ルッピーランド(以下、もぎチン)」は
ニンテンドーDSLiteの新色「ジェットブラック」と同時発売という力の入れようです。
ポケットモンスターの最新作とはわけが違います。
・・・嘘つきました。ポケモンのほうが力入れてます。
子供たちが喜んでチンクルをやるでしょうか。
さすが任天堂。何がさすがなのかはわかりませんが。

あ、
書いていて気がつきましたが、いつもと文体が違う。
ですます調で書いてしまった。まあいいか。
このソフトには堅苦しい感じは似合わないので。

また脱線してしまいました。
そもそもこのソフト自体が脱線しているので、問題ありません。無問題。
ゲームの主人公はチンクル(35歳・独身)です。
元は超有名大人気ゲーム「ゼルダの伝説」に登場した、憎らしいキャラ。
言わばスピンオフ。踊る大捜査線からユースケ・サンタマリアが出てきたようなものです。
そう、ユースケが出てきたのであって、真下が出てきたわけではないのです。
真下であればシリアスな演技も問題ありませんが、
ユースケのバラエティでのキャラで踊る大捜査線に出ているような感じが、
この「もぎチン」なのです。
このニュアンスはわかっていただけるでしょうか。

ゲーム感も同じことがいえます。
どことなく(本当にどことなく)ですが、ゼルダの世界観があります。
しかし主人公はチンクル。
踊る大捜査線の世界観で、ユースケが「ぷっすま」の宝探しをしているようなものです。(いい意味で)

お話の流れは、
主人公(35歳・独身)が「チンクル」となり、
バラ色の楽園「ルッピーランド」を目指すため、
ルピー(お金)を集めることになります。

主人公にはゲームが始まる前に名前がつけられるのですが、
「チンクル」とつけたところ、
『そのなまえはかれにはまだはやすぎます』とのこと。
しかたがないので、「リンク」とつけました。
こんなひどい「リンク」はありえませんが。

ゲーム中、サポートしてくれる「ピンクル」。
すごくセクシーでアメリカンナイズされたチンクルみないなものです。
このピンクルがことあるごとにチンクルをまたプレイヤーをサポートしてくれます。
初めての人でも怖がらなくて大丈夫。

フィールドにはモンスターがいて、
闘うことによって「ルピー」や「材料」が手に入ります。
手に入った「材料」は別途手に入れる「レシピ」にしたがって料理することにより、
アイテムを生成することが出来ます。
これを売ることによって、ルピーを得るわけです。

戦闘方法はいたって簡単。
敵にぶつかるだけです。
あとは漫画等でよくある「けんかしてます風の砂埃」のようなものが表示され
チンクルがルピーを減らしつつ敵を倒します。

ここで「ルピー」の説明ですが、
チンクルにとってルピーは「お金」であって「命」なのです。
ゼルダで言う「体力ゲージ(ハート)」です。
つまり、ダメージを受けるとルピーが減ります。

また、街があり住人もいるのですが、
いちいちルピーをせびってくるので、本当に腹が立ちます。
この、金の亡者共め。
快くルピーを払って情報を得ましょう。

冒険を共にする「用心棒」を雇うのですが、
これもまた「ルピー」が必要です。

つまり、この世はルピーが全てってこと。
世の中なんてこんなものさ、なんて
軽くブルーになること受けあい。


でも、なんてもかんでもお金で解決するわけではないんだよ、
というエピソードにつながるんではないかと期待しています。
でないと救いがなさ過ぎます。夢も希望もありません。
実際、そのような結末になるかはわかりませんが。

なぜならまだ一時間しかやっていません。
だってFF3を進めたいから。
すみません。

最も気になるのは「もぎたて」ということは、
チンクルは「もぐ」ものであるのか?
ということなので、それが解決するようなら
すぐにでも再開します。

さぁ、嫌がらないでチンクルを救ってあげてください。
ラベル:DS レビュー
posted by NDR at 22:27| Comment(45) | TrackBack(10) | ゲームレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。